HOME>WETWINGって何


WETWING(うえっとういんぐって何)

wet_mu-2Wetwing(ウェットウィング)はwet wingと書いたりwetwingと書くこともありますが、正確には「wet」「wing」と二語だったと思います。研究社の大英和辞典(定価10000円)にも載ってない言葉でありますから、ここで少しご説明させていただきたく存じます。

その一つの意味は、航空祭、エアショーで雨が降っていること、あるいは雨が降っているのに航空ショーに出かけること、転じて「馬鹿なことをしている」と言う意味に成ることもあります。「きのう、俺、wet wingしちゃった。」などと言うように使います。雨じゃ飛行機も飛ばないし、写真も撮りにくく、せいぜい傘をさして展示機の回りをうろうろするしか無いのですが、航空ファンも度が越すと、雨でもせっせと出かけることがあります。で、「雨止むか知れない」「午後には晴れてくるかも」なんて、勝手に気象予報士になって、結局一日中雨に打たれて飛行場にいます。wetprop

もう一つの意味は、翼内燃料タンクのことをwet wingと言います。(反対語=ドロップタンク)第二次世界大戦の頃から燃料を翼の中に入れることが一般的になりました。インテグラル・タンクなんて呼ばれることもありますが、ウエット・ウイングとどう違うのかよくわかりません。近代の飛行機は旅客機、軍用機を問わずほとんど胴体内の他に翼にも燃料を積んでいます。セスナとか小型機も胴体の他にオプションでウェット・ウィングが用意されていたりしますね。「WETWINGS& DROPTANKS」と言うタイトルの本があります。これはアメリカ大陸横断レースの歴史を綴った立派な本で、写真も豊富に載っています。だからこの意味でのWETWINGは「業界」では常識的に使われているみたいです。英国の色々な航空雑誌を発刊しているキー・パブリッシング社の用語集ではwet wing =「wing in which fuel tanks are an integral part of the structure but not one which merely houses fuel tanks」と説明しています。wet_t6

また、HPB(Human Powered Boat)の世界選手権で優勝したドイツの艇の名前が「WetWing 」号でした。水中翼を備えた短距離競走用の足で漕ぐボートです。まさにウエット・ウィングですね。ドイツで行われた2001年の大会で、エルンスト・エシュバッハ氏がスプリントクラスで100メートルを16.87秒と言う記録を出したと言う事です。wet_t6

とまあ、そんな意味ですが、実際にはドメイン名を登録する時、whoisで色々さがしてもいいのが見つかりません。そうです。現在では、辞書に載っている単語はほどんど枯れてしまってると言っていいでしょう。短くて覚えやすい単語はすでに何も残っていないのです。だから、こんな辞書に載ってない言葉を選択するしかなかった、と言うのが真相です。だから、今後ともよろしくお願いします。
HOME>WETWINGって何