brothers top


ライト兄弟は色々な資料を大切に保管して後世に伝えています。写真もそのひとつ。特にオービルは写真が趣味で、飛行機の実験にも、家族の記録にも写真を使っていました。当時の乾板式の大きな写真機で飛行機を撮るのは技術的にも難しかったと思われます。オービルは名カメラマンでもあったのです。下の写真はそれのほんの一部です。クリックすると大きな画が見られます。ネガ上のよごれ等は修正しました。

1900年グライダー実験 1902年グライダー実験 1903フライヤー 1911年グライダー実験
A-B フライヤー モデルB フライヤーU ペットの犬
工場 ファミリー ライトの家 フライヤーV
キャサリン ローリン 救命隊 Reuchlin

当時の4x5インチ、または5x7インチのガラス乾板(現在のネガフイルムに相当するもの)約300枚が、ライト家から米国の国会図書館に寄贈され、国会図書館ではそれをスキャンして、一般に公開されています。電子データになっており、誰でもサイトからダウンロードすることができます。パソコンで鑑賞するための低解像度画像からプリントに耐える高解像度の画像データまで用意されています。
もちろん著作権はもう期限が切れていますから通常に使う分には問題ないと思います。当WEBでも、このページ以外のページにたくさん使用されています。
米国会図書館のサイトには使用条件なども掲載されていますので、個人の判断と責任でダウンロードしてご使用ください。以下米国会図書館ライト兄弟アーカイブのURLです。
http://lcweb2.loc.gov/ammem/wrighthtml/
ライト家は一度洪水にやられていますので、そのせいでしょうか、よごれ、カビ、ガラスの割れなどがありますが、それにしても良く保存されていますね。ガラスであるからこそ残っているのかもしれません。現在のように、デジタルデータだったら、もう消えているかもしれません。それに原稿(ネガ)が大きいのでトリミングや引き伸ばしにも耐える画質です。一枚お気に入りをダウンロードしてプリントして、額に入れて飾るのもいいですね。



wetwing.com ライト兄弟の秘密トップへ