舞岡公園を歩く> 2023年春>蜂が舌を出した日
ニッポンヒゲナガハナバチ

 カラタチの花が咲いていた日、奇妙なものを見た。目の前の雑草にとまって、ヒゲナガハナバチだろうか、突然その尖った口がスーッとカワセミの嘴の様に伸びたかと思うと、左右に割れて中から細長い舌がこぼれた。蜂の舌を初めて見た。蜂にも味覚器官があるってことか。タンポポ、スミレ、シャガ、カラタチの花、どの蜜が一番旨いんだろう。蜜にも甘口辛口があるのだろうか。フルボディとかライトとかあるのかな。ところで何故私の前でこんな謎めいた芸を披露したのだろうか。あの目つきといいタイミングといい、私の存在を意識してやったとしか思えない。本人にしてみれば単にアッカンベーをしたつもりだったかも知れないけれど、とても良い勉強になりました。蜂の口の構造が良く分りました。ありがとう。

23/3/29 10:30 OM SYSTEM OM-1, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f5.6 1/500 ISO200

前の写真 次の写真

ニッポンヒゲナガハナバチ
カワセミ