舞岡公園を歩く> 2021年夏>ビロードハマキ
ビロードハマキ

 これも神様の創造した自然界における傑作のひとつ、ビロードハマキという蛾の一種。黒地に赤いストライプを配し、白いペンキのしずくを垂らしたような細かいドットで全体を覆った。これだけでは飽き足らず、お尻にはスポーツカーなどによく見られる燃える炎のデカールをつけて凄みをきかせている。この衣装デザインはなんのためだろうか、などと考えてはいけない。年金暮らしの年寄りが暇にまかせて描く絵のように、神様が気まぐれで創った作品で生物学的に何の根拠もない、そういうのも有りだと思う。生き物の中では神様に一番近いとされる人間だけが、鑑賞物としてご相伴にあずかることができる。傑作です。

21/6/22 7:17 OLYMPUS TG-6, f=12mm f3.8 1/60 ISO1600

前の写真 次の写真


ビロードハマキ
ビロードハマキ