舞岡公園を歩く> 2021年夏>キビタキ
キビタキ

 つかの間の雨をきっかけに、昨日関東甲信地方が梅雨入りした。
 今日はつゆの晴れ間、森にウグイスを圧倒する美声が響いていた。剥製のように小枝にしがみついたまま身動きせず、東海林太郎のように姿勢よく、声を枯らすことも息を切らすこともなく、水も飲まずに、マイクなしでひたすら歌い続けていたキビタキ。見上げるカメラマンたちを十分に楽しませた後、注ぐ木漏れ日を振りはらうように大きく羽ばたくと小枝を離れ、歌いながら折り重なる樹木の迷路の中に消えた。やがて歌声は丘を越えて遠ざかり聞こえなくなった。あの枯れた小枝がよっぽどお気に召したように見える。明日も来るかな。ウグイスの声が戻ってきた。

21/6/15 7:54 OLYMPUS E-M1 Mk2, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f5.6 1/250 ISO400 +1.5EV

前の写真 次の写真


キビタキ
キビタキ