舞岡公園を歩く> 2020年冬>クロスジフユエダシャク
クロスジフユエダシャク

 落ち葉の絨毯の上、高さ10センチから50センチくらいの空間をひらひらとゴミのように舞っているのはクロスジフユエダシャクのオスだ。12月は多い。メスを探し求めて何匹も飛んでいる。一方メスは翅がないので飛べない。メスはじっと動かず、例えばドルチェ&ガッバーナの香水のようなフェロモンを漂わせて、静かにオスを待っている。これだと男女すれ違うことがないから、かえって好都合かもしれない。
 クロスジフユエダシャクの接合を見つけて教えてくれたAさん、ありがとう。

20/12/11 10:06 OLYMPUS E-M1 Mk2, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f5.6 1/180 ISO640 -1.0EV

前の写真 次の写真
 
クロスジフユエダシャク
カッパのイラスト