舞岡公園を歩く>2023年冬>ヘビヌカホコリ

 今日は4月の陽気だった。朝7時前、寒いのを我慢して薄着で出かけて正解。約束通り9時頃から急速に気温が上がった。帰り道、春一番だろうか、突然風が強くなり森全体が揺れた。風が吹くとなぜ桶屋が儲かるか考えていた時、アッと目に飛び込んで来た黄色いカビのようなもの。よく見れば、今年初見の粘菌はヘビヌカホコリだった。先日の降雪によってもたらされた恵みの水にこの高温が、冬眠する変形菌を覚醒させたのだろう。黒く湿った腐木に二か所。探せばもっとあったような気がする。一つは新品、もう一つはすでに子嚢が爆発していた。いつどこに潜んでいるかわからない、油断も隙もありゃしない、うれしい粘菌サプライズだった。

24/2/15 10:35 OLYMPUS TG-6, 14mm f4.1 1/80 ISO100 w/Flash

前の写真 次の写真

ヘビヌカホコリ
ヘビヌカホコリ